新潟大学 工学部情報工学科/大学院自然科学研究科電気情報工学専攻情報工学コース

情報工学科の特色

情報工学科の理念

情報処理および情報通信関連分野は,今後益々成長が期待される産業分野である.本学科では,この分野での独創的な研究の芽を育み,新潟大学独自の情報処理および情報通信技術を発信し世界に貢献したい.一方,創造性豊かな情報処理・情報通信系技術者を育成するために,画一的な教育を排し,各自の個性や能力を引き出す教育を実現する.

アドミッションポリシー

経済活動がグローバル化している今日,本学卒業生が世界を舞台に活躍する機会が益々増加しています.さらに最先端の自動車やスマートフォンの動作がソフトウェアにより制御される時代となり,情報工学科には多くの企業から求人が寄せられています.そこで,本学科では国際的にも十分通用する教養と専門性および常識を兼ね備えた人材の育成を目指します.具体的には,人工知能,コンピュータネットワークなどをはじめとする情報科学・情報通信に関する最先端技術への適応力を養うカリキュラムを提供します.

詳細はこちらをご覧ください.

学習・教育目標とカリキュラム

「情報工学の社会・自然・人類に及ぼす影響・効果を理解し,技術者として責任を自覚する能力」

  1. 情報工学分野とは何かを理解していること
  2. 情報工学が社会に及ぼす影響を理解していること
  3. 現在の情報工学における問題点を把握していること
  4. 多種多様な考え方があることを理解していること
  5. 倫理関係問題の事例を認識していること
  6. 「どう考え,どう行動するか?」を自分自身に問い,「自らの倫理的判断力」を養うこと

「自然科学の基礎や情報工学分野の基礎理論・基礎技術を理解し,運用し,応用する能力」

  1. 数学,物理学などの自然科学の基礎理論を修得していること
  2. 情報処理の基礎を修得していること
  3. 情報通信,ネットワークの基礎を習得していること
  4. ハードウェアの基礎を習得していること
  5. 上記の基礎知識を応用する能力を養うこと

「情報工学分野の問題を発見・整理・分析し,解決する能力」

  1. 知識をもとに問題点を把握し,設定できること
  2. 仮説をたて,検証することができること
  3. 複数の解決方法を考案し比較することができる

「要求にあった情報工学システム・情報工学プロセス・アルゴリズム・プログラム等を定められた期間で設計できる能力」

  1. プログラム等の設計条件を理解できる
  2. プログラム設計等の作業スケジュールを立てることができる
  3. プログラム作成等を計画通り実行できる
  4. プログラム作成等を期日までに完成させる
  5. プログラム作成等が要求条件を満足しているか結果をチェックできる

「自分の考えを的確に記述・表現・発表し,他者との建設的・効率的な討議を行うコミュニケーション能力」

  1. グループ討論を通じて自分の考えを,口頭で的確に伝えられること
  2. 他の学生との共同作業を通じて他人の主張を正しく理解できること
  3. 正しい(技術)文章を書けること
  4. 人前で,資料に基づき,発表できること

「専門分野における読み書き基礎能力及びコミュニケーション基礎能力」

  1. 科学技術分野の論文・マニュアルなどが理解できること
  2. 英語でemail 程度の文章が書けること

「自ら学習目標を立て,継続的・自主的に学習する能力」

  1. 毎学期,学習目標を立てることができること
  2. 各学期の達成状況を反省し,次学期の学習目標を設定できること
  3. 与えられた課題に対して,自ら実習演習を実行できること

「情報工学分野に関する実験を企画・実行し,データを解析・解釈し,定められた期間で報告する能力」

  1. 実験の目的を理解できる
  2. 実験等の作業スケジュールを立てることができる
  3. 実験等を計画通り実行できる
  4. 実験機材を用意し扱うことができる
  5. 実験データを分析し,その結果を正しく理解できる
  6. データを収集し,グラフなど適当な表現ができること
  7. 実験等を期日までに終了し,報告できる
  8. チームワークで効率的に仕事が実行できること

教育目標とその施策

教育目標

「~世界に通用する教養と専門性を兼ね備えた人材の育成~」

経済活動がグローバル化している今日,卒業生が世界を舞台に活躍する機会が益々増えてきている. そのため,国際的にも十分通用する教養と専門性及び常識を兼ね備えた人材の育成を目指す.

教育目標達成のための施策

高校から大学にスムーズに融け込めるように,入学直後に導入教育を行なう. 学年進行に伴って全学科共通の工学の基礎教育から専門教育へと重点を移行させる. さらに,大学院との連携を密にし,学部と大学院を一貫させた教育体制を実現する. また,実習や演習では,自ら問題点を見つけ出し,それを解決するといった体験を通して創造性を育むと共に,技術者・研究者の社会的責任や役割について考えさせる. さらに,個々の学生を教員が常に木目細かくサポートする.
本学科の教育プログラムは,情報処理と情報通信の融合を目指し,日本技術者教育認定制度(JABEE)の認定に向けて対応する.これによって,国際的にも十分通用する教育が実現される.

研究目標とその施策

研究目標

~独創的な情報処理および情報通信技術の研究開発と新たな産業の育成~」

情報ネットワーク,コンピュータサイエンス及び数理情報の各講座が特徴を生かし協力して新たな情報処理および情報通信技術を生み出すこととする.一方,生み出された独創的技術をシーズとして,地元地域に情報関連産業を興し,新潟の産業を付加価値の高い構造に転換する.

研究目標達成のための施策

今後大きく発展が期待される情報ネットワークの分野を強化する.また,コンピュータのハードとソフトを一体化することにより,マルチメディア,知能情報処理等の研究を推進する.さらに,数理的手法により技術を普遍化する.研究目標達成のためには,大学院と一体となって,科研費をはじめ各種補助金等研究費を獲得すると共に,優秀な研究者の獲得・育成及び研究環境の整備を行なう.さらに,総合大学の利点を生かし,他の部局と協力して学際的なプロジェクトを推進する.また,国際会議等の研究集会を多数誘致し,先端情報の吸収と発信に努める.研究開発の成果に基づき,地元地域に,特に新潟市近辺に情報関連企業を興し,大学近辺をシリコンコーストと呼ばれるようにしたい.

PAGETOP
Copyright © 新潟大学工学部情報工学科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.