新潟大学 工学部情報工学科/大学院自然科学研究科電気情報工学専攻情報工学コース

沿革

情報工学科の沿革

昭和52年4月 新潟大学工学部に情報工学科新設(生体情報講座,情報処理講座,情報機器講座,情報伝送講座)
昭和54年5月 長岡市から新潟市五十嵐へ移転
昭和56年4月 大学院工学研究科情報工学専攻(修士課程)設置
昭和61年4月 大学院工学研究科生産科学専攻(後期3年博士課程)設置
昭和62年4月 大学院自然科学研究科(後期3年博士課程)が設置され,工学研究科生産科学専攻は大学院自然科学研究科へ移行
平成元年4月 工学部の改組に伴い講座再編(生体情報講座,情報システム制御講座,知識情報講座)
平成6年4月 講座新設(生体情報講座,情報システム制御講座,知識情報講座,数理情報講座)
平成7年2月 情報工学科増築棟が完成
平成7年4月 大学院自然科学研究科が前期2年の修士課程と後期3年の博士課程をもつ区分制大学院となる.博士3年後期課程に情報理工学専攻が新設され,修士課程の工学研究科情報工学専攻は大学院自然科学研究科情報・計算機工学専攻として再編
平成10年3月 大学院自然科学研究科情報理工学棟が完成
平成10年4月 工学部改組に伴い講座再編(情報ネットワーク講座,コンピュータサイエンス講座,数理情報講座)
平成16年4月 大学院自然科学研究科の改組に伴い修士課程は数理・情報電子工学専攻として再編
平成22年4月 大学院自然科学研究科の改組に伴い修士課程・博士課程ともに電気情報工学専攻として再編
PAGETOP
Copyright © 新潟大学工学部情報工学科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.